に投稿 コメントを残す

[TDH] ツール・ド・北海道はどれぐらいキツイのか?

 
明日からツール・ド・北海道が始まります。
今年のコースは2019年のコースとほぼ同じ。
2019年は京大自転車部のコーチとして北海道に帯同させて頂きました。
彼らのデータから3日間のステージレースがどれぐらいキツいか見てみましょう。
 
(1)走行データ
第一ステージ 
走行時間: 5時間15分
走行距離: 189km
TSS:273tss
NP: 240W
第二ステージ 
走行時間: 4時間 3分
走行距離: 173km
TSS:201tss
NP: 234W
第三ステージ 
走行時間: 4時間 14分
走行距離: 182km
TSS:205tss
NP: 231W
 
(2)TSSの意味するもの
TSSとはトレーニング・ストレス・スコアの略です。
第一ステージ5時間 TSS: 240は「この日、5時間をかけて1時間のTT 2.4本分のストレスを身体にかけた」という意味です。
1時間のTT、2.4本をこなした翌日に201tss,翌々日に205tssをこなすのですから、これだけ見ても厳しいレースであることが分かります。
 
(3)NPの意味するもの
NPはノーマライズド・パワー(Normalized Power)の略です。
第一ステージのNPは240W
これの意味するところは「5時間にわたって、ずっと240Wで走るのと同じ身体的負荷を身体にかけた」という意味です。
これらのデータからも、ツール・ド・北海道の厳しさが分かりますね。
明日からの熱戦に期待しましょう!
 
Peaks Coaching Group – Japan
中田尚志
 
に投稿 コメントを残す

[世界選手権] アンバー・ニーベン

 
48歳で世界選8位!
 
昨日のクロエ・ダイガートの走りも素晴らしかったですが、48才アンバー・ニーベンの走りも凄かったです。
今年のツール・ド・フランス総合優勝者から24秒しか遅れていないです。
 
東京五輪の時にインタビューさせて頂いた記事をどうぞ!
 
に投稿 コメントを残す

[市川雅敏&ギジガー] Part3. 日本の自転車競技界について

 
最終回の今回は日本の自転車競技界について語って頂きました。
現在日本のトラック界には素晴らしい才能を持った若手選手が出現しています。
彼らが世界のひのき舞台に上がるには?
 
また新城幸也選手に続く選手の登場を実現させるには?
選手強化は選手がひたすらトレーニングを積めば良いというものではなく、関係者が一致団結して実現させるものだということを再認識させてくれました。
 
ぜひご覧下さい。
 
記事にいいね&シェアして頂けると嬉しいです。
 
 
中田尚志