に投稿 コメントを残す

9年間我慢できるか?

写真は2013年。左に写っているのは昨日のジロ・デ・イタリア第4ステージで優勝したジョー・ドンブロウスキーです。
 
コロラド州にパワートレーニングの勉強に行った時に出会いました。(ちょうどUSプロチャレンジというレースの期間中でした。)
彼は2012年にアメリカ人史上初のベビー・ジロ総合優勝者になり将来を期待され異例の3年契約でチームskyに入団。
 
しかし、プロ入り直後にイリアック・アテリー(足の血行障害)になったこともあり思ったほどの活躍は出来ませんでした。
その後もジロでステージ優勝に近いところまでは来たり、総合20位以内にも入ってはいましたが、アマチュア時代の経歴を見ると今ひとつ伸び悩んでいる印象は拭えない選手でした。
 
昨日の優勝は今までの苦労が報われた形です。
2013年のプロ入りからここまで9年間。
我慢に我慢を重ねてのステージ優勝です。マリアローザも充分射程圏内ですし、山に強いのでこの先も楽しみです。
 
どれだけ才能のある選手でも、どれだけ努力できるか。どれだけ我慢できるかが成功の鍵になるかを教えてくれるような走りでした。
 
彼はピークス・コーチング・グループのあるヴァージニア州出身です。ヴァージニア州はロードレースがそれほど盛んな地域では無いですが、本人の努力と良いコーチ、強化システムがあればグランツールでステージ優勝することも可能だということを証明してくれました。
まさに9年間の努力の賜物ですね。
 
 
2013年当時の記事 シクロワイアード様に掲載頂いたものです
 

に投稿 コメントを残す

1990年のジロ・デ・イタリア 市川雅敏インタビュー サイクルスポーツ.jp

 

 
市川雅敏さんの記事をサイクルスポーツ.jp 様でご紹介頂きました!
 
今回は市川さんのインタビュー音源付きです!
掲載の機会を頂いたサイクルスポーツ様に感謝です。
 
よろしければ記事にいいね!をよろしくお願い致します。
 
Peaks Coaching Group – Japan
中田尚志
 

に投稿 コメントを残す

日本人が初めてジロのスタートに立った日

1990年5月18日 イタリア南部の街バーリのプロローグに臨む市川さん。
 
彼は監督ダニエル・ギジガーのプログラムに従い強化に成功。
ギジガーが選考レースに指定したティレーノ・アドリアティコで山岳リーダーを獲得。
 
最終選考に指定したロマンディーで、チームのエースであるヤールマンの総合8位をアシストし自身も総合37位でフィニッシュ。
 
「マサ、トゥ、ヴァ、ジロ」(マサ、ジロに行くぞ)と出場の報を受け取る。
 
市川さんのジロへの道は近日ビデオと共に詳細を公開します。お楽しみに!
 
Peaks Coaching Group – Japan
中田尚志