に投稿 コメントを残す

[レース] 市川雅敏 gets PEZ’d!

「日本最初のグランツール完走者 マサトシ・イチカワ」
 

市川雅敏さんのインタビューが

PezCycling News に掲載されました!
 
「私は欧州の環境でやっていけるサムライだった」
 
「スティーブン・ホッジを始め素晴らしい人々の導きなしにはプロにはなれなかった。」
 
「もう一度生まれ変わってもヨーロッパでプロになりたいね」
 
現代の若い選手が読んでも、参考になるような素晴らしい話が沢山あります。
欧州を夢見る選手には是非読んで頂ければと思います。
 
プロへの登竜門「ビスカイヤ」でプロへの道が開く(c) Masatoshi Ichikawa
 
 
日本人が初めてグランツールの出走サインをした瞬間 (c)Haruo Isshi
 
 
 
ドロミテの山岳ステージをこなす  (c)Haruo Isshi
 
 
市川さんの写真を提供いただいた皆様ありがとうございました!
 
Peaks Coaching Group – Japan
中田尚志
—–
本文より
80-90年代。オーストラリア人、イギリス人、アメリカ人は欧州のプロ・プロトンに居たけど日本人は殆ど居なかった。ましてやグランツールには皆無。
そんな時に市川雅敏は現れて1990年のジロ・デ・イタリアをフィニッシュした。
ツール・ド・フランスを初めて完走したのは2009年の別府史之と新城幸也。しかし日本人によるグランツールの完走は30年近くも前に達成されていた。
1990年、市川雅敏はフランク・トーヨーに所属し”バラ色のレース”を50位で完走していた。 彼の話を聞いてみよう:
に投稿 コメントを残す

Pactimo(パクティモ)のシャーミー

サイクリング用のビブショーツを選ぶ時に最も大切なのはシャーミー(シャモアとも言います)と呼ばれるパッドの性能です。
柔らかく、吸湿性、排熱性能の良いパッドはサイクリングを快適にしてくれます。
パクティモ(Pactimo)のシャーミーはサイテック社製(CyTech S.r.l)のEITブランド(エラスティック・インターフェース・テクノロジー)を採用しています。
サイテック社はドロミテ・アルプス両山脈の麓にあるイタリアのベネトに本社および工場を置いています。
アソス、ラファ、デマルキ、スペシャライズドを始めとするサイクリングウエアを製造するメーカーがこぞって採用するパッドメーカーです。
Peaks Coaching Group のチームジャージには、アセントベクターにプロ供給モデルのカーボン・リエージュを採用。
ストラトス 12 hour ビブには最高級シャーミーのエンデュランス・アナトミック・スーパーエアーを採用しています。
アセントベクターに採用 カーボン・リエージュ

ストラトス12hourビブに採用 エンデュランス・アナトミック・スーパーエアー
Pactimoシャーミーについての詳細はコチラ