に投稿 コメントを残す

[GCN] ゲラント・トーマスってどんな人?

今年のツール・ド・フランス総合優勝者ゲラント・トーマス。

GCNの動画では32歳にしてグランツール初制覇を成し遂げた彼のキャリアを振り返っています。

 

ゲラント・トーマスってどんな人?
・今年のツールではステージ33位以下になったことが無い抜群の安定度

・2003年にジュニア版KBK(クールネ)とパリ〜ルーベを制覇
・ジュニア時代ツアー・オブ・ウェールズでダン・マーティンと優勝を争った
・コーチのロッド・エリングワースの元でイタリアのレースを転戦
・トラック スクラッチ世界チャンピオン
・トラック 五輪二連覇

 

2013年以降はロードに完全転向

結果はすぐに出たものの、良い結果と不運はいつも表裏一体でクラッシュにつきまとわれた。

控えめな性格で彼について悪いことを言う人は誰もいない。

 


昔からトラック出身の選手がロードの世界のトップ選手になることは珍しいことではありません。

特に近年は各国が五輪に向けてトラックの強化に力を入れていること、ロードの育成レースが下火になっていることから、よりその傾向が顕著になっています。

 

ガビリア(コロンビア)、カヴェンディッシュ、イエーツ兄弟(イギリス)、デニス(オーストラリア)、クング(スイス)など、各国のトラック強化から出てきた選手は沢山います。

トラックからロードへの転向はそう簡単ではないですが、トーマスは4分の団抜きから6時間のクラシック、そして21日間のグランツールをこなせる選手へと変貌した成功例ですね。

 

8/11(土)のAbenova presents 砂田弓弦 x Peaks Coaching Group Japan セミナーでは

30年におよぶ本場欧州での取材経験を写真と共に紹介します。砂田氏にはもちろん今年のツール・ド・フランスに関するお話もして頂きます。

 

著書「挑戦するフォトグラファー」に関するエピソードも。

ご参加をお待ちしております!

 

1528169884

 

に投稿 コメントを残す

[TDF] ローソン・クラドック ツール・ド・フランス完走

ツール・ド・フランス第一ステージで落車し肩甲骨を骨折してしまったローソン・クラドック。

 

何年もツール出場を夢見て、半年以上も準備にかけてきたのが、1日目にして骨折してしまいインタビューでは涙を見せました。

彼はレースを続行し、毎日ステージを進むごとに$100を自身を育ててくれたテキサス州ヒューストンのベロドロームに寄付することにしました。

ベロドロームは昨年ハリケーンでダメージを追ってしまったのですが補修費用が足りなかったのです。

 

彼のこの活動に賛同する基金も立ち上げ、募金は彼自身も予想していなかった$220,000(約2,500万円)も集まりました。

 

「両親は僕をファイターとして育てた」というクラドックはレースを続行し遂にツールを完走。

 

その姿はまさに戦士ですね。

スクリーンショット 2018-07-30 15.19.49

https://www.facebook.com/NBCSports/videos/1737620172959994/

 

ベロドロームへの募金はコチラ

https://www.gofundme.com/lc039s-fight-for-paris

 

—-
8/11(土)のAbenova presents 砂田弓弦 x Peaks Coaching Group Japan セミナーではこちらのエピソードについてもお話させて頂こうと思っています。

1528169884