[乗鞍HC] 明日乗鞍ヒルクライムに参加される方へのアドバイス


 
乗鞍ヒルクライムはスタート地点で1,260m。
フィニッシュで2,720mもあります。
 
高地ということを考慮にいれてタイムを狙っていく必要があります。
 
(1)パワーは出ない
酸素濃度が低いために低地にいるときよりもパワーは出ません。
図にあるように高地順応していない選手だと概ね7-16%落ちてしまいます。
 
いつもの峠でのパワーを元にペーシングするとオーバーペースに陥ります。
 
もし過去に同大会に参加したパワーデータがあればそちらをベースにペーシングを組み立てましょう。
 
(2)酸素濃度
酸素は低地よりも薄い為オーバーペースには要注意。無酸素状態に入ると低地よりも回復に時間がかかります。
 
(3)水分補給
低地よりも空気は乾いています。また高地では喉の渇きを感じにくくなります。
 
水分補給は意識的に行いましょう。不安であればダブルボトルでスタートして、不要なら途中で水を捨てるのも手です。
 
(4)紫外線
高地は紫外線が強いです。
日焼け止めはいつもよりもしっかりと塗りましょう。
 
(5)睡眠
高地だと眠りが浅くなる場合があります。これは個人差が大きいです。
 
レース数日前から意識して睡眠を多くとっておきましょう。
 
寝溜めは出来ないと言っても睡眠不足が続くよりよほど良いです。
 
ちなみにレース前夜全く眠れなくても問題なし!
レースのパフォーマンスに影響はしません。
気にせず集中しましょう。
 
明日のご健闘をお祈りしています。
私も会場に向かいますので、現地でお会いしましょう!
 
Peaks Coaching Group Japan
中田尚志

[トレーニング] 怪我からの復活


1.MMPグラフ

 

2.レビューチャート

グラフの選手は怪我からの復帰トレーニング中です。
 
1.MMPグラフ
MMPグラフの中で赤く塗りつぶされているのは過去7日間にベストを更新したところ。
今週は調子が良く次々にベスト更新されました。
 
2.レビューチャート
2枚めはある日のパワーデータ。
20分のFTP走の中にダッシュを含むインターバルトレーニングです。
 
インターバル・トレーニングの評価方法のひとつに下記の方法があります。
 
1.過去90日間のMaxパワーの何%でリピート出来ているか?
→90%を超えていると調子は上がっている。
 
2.過去1年半のMaxパワーに対して何%でリピート出来ているか?
→90%を超えていると昨年より強くなっている。
 
これらが目安になります。
この選手はこの日両方とも90%以上を記録。
 
インターバルトレーニングにも関わらず100%(過去のマックスと同じ)を記録したエフォートもありました。
 
パワーは単にマックスを上げるだけでなく、怪我をする前の状態に比べてどうなのか?
 
レースは走れるのか?まで教えてくれます。
 
復帰戦が楽しみです!!
——
現在クライアント様を募集中です。
パワーベースのコーチングを受けてみたい方はお気軽にお問い合わせ下さい。
 
Peaks Coaching Group Japan
中田尚志
現在クライアント募集中です。
コーチングを希望されている方は是非ウェブサイトよりご連絡ください。
お問い合わせお待ちしております!
 
堀進也コーチ、山本朋貴コーチがクライアントを募集中です。
ご興味のある方は takashi★peakscoachinggroup.comまでご連絡下さい。
 
堀進也コーチ
理学療法士として病院に勤務するトレーナー。
名古屋地区で怪我のリハビリからパワートレーニングまで広く自転車に携わる
 
山本朋貴コーチ
ITベンチャー企業で激務をこなす中でパワーメーターを駆使して効率的にトレーニングを行い2011-2012年MTB全日本選手権マスタークラスを2連覇
ストラーダバイシクルズ に勤務。ロード、MTB、CXさらにはトライアスロンと、すべての種類のバイクに精通している。
 
 
 
メルマガ登録
下記のURLよりメールマガジンの登録が出来ます。最新のパワートレーニングの情報を発信していきます。是非ご登録下さい。
 
 
 
——
中田尚志
 

[トレーニング] 全日本選手権に挑む


 
グラフの選手はフルタイムで働かれている社会人レーサーです。
家庭・仕事・トレーニングを高次元にバランスさせるためには、日々節制した生活を送る必要があります。
この日は朝AM5:04分からトレーニングスタート!
 
VO2Max 4 x 3min, 3 x 2minをこなされました。
 
早朝から身体を動かすには事前の準備が欠かせませんし、故障を防ぐケアも必要です。
何より朝5時から限界まで追い込むには「気合」が必要です。
 
社会人レーサーが全日本で戦うためにはある意味プロ選手以上に自転車に賭ける気持ちが必要です。彼には全日本選手権を「記念受験」する気持ちは一切ありません。自己の限界に挑み少しでも上位に食い込むのが目標です。
 
私も今月末に迫った全日本選手権で彼が良い走りが出来るようにしっかりとトレーニングをプランニングしていきたいと思います。
——-
現在クライアント募集中です。
コーチングを希望されている方は是非ウェブサイトよりご連絡ください。
お問い合わせお待ちしております!
 
堀進也コーチ、山本朋貴コーチがクライアントを募集中です。
ご興味のある方は takashi★peakscoachinggroup.comまでご連絡下さい。
 
堀進也コーチ
理学療法士として病院に勤務するトレーナー。
名古屋地区で怪我のリハビリからパワートレーニングまで広く自転車に携わる
 
山本朋貴コーチ
ITベンチャー企業で激務をこなす中でパワーメーターを駆使して効率的にトレーニングを行い2011-2012年MTB全日本選手権マスタークラスを2連覇
ストラーダバイシクルズ に勤務。ロード、MTB、CXさらにはトライアスロンと、すべての種類のバイクに精通している。
 
 
 
メルマガ登録
下記のURLよりメールマガジンの登録が出来ます。最新のパワートレーニングの情報を発信していきます。是非ご登録下さい。
 
 
 
——
中田尚志