に投稿 コメントを残す

[レース] 1992年 ジロ・デッラ・トスカーナ

昨日、市川雅敏さんのお話を書いたので今日ももう少し。
写真は1992年のジロ・デッラ・トスカーナ。市川さんは6位に入っています。
 
 
優勝 ジョルジオ・フルラン(同年ジロ区間優勝)
2位 レオナルド・シエラ(前年ジロ総合7位)
3位 ジャンニ・ファラジン(同年ジロ総合13位)
 

6位 市川雅敏

 
7位 ロベルト・コンティ(同年ジロ総合9位)

続きを読む [レース] 1992年 ジロ・デッラ・トスカーナ

に投稿 コメントを残す

監督が選手を止めさせる!?

昨日のツール・ド・フランスではエガン・ベルナルがスタートしなかった事が大きな話題になりました。
 
総合トップ10に一人も送り込めていないイネオスにとってベルナルを離脱させるのは難しい判断だったと思います。
しかし、ドフィネで負った怪我の影響を考え若いベルナルには無理をさせないことにしたようです。
 
 
このニュースを聞いた時に市川雅敏さんからお聞きした「良い監督の条件」の話を思い出しました。
 
「良い監督だと選手がリタイアに追い込まれる前に”もう降りなさい”って止めるの。」
 

続きを読む 監督が選手を止めさせる!?

に投稿 コメントを残す

[トレーニング] 手信号を覚えよう!

サイクリング中の手信号(Hand signal)は世界共通の言語です。
 
下記の図はマレーシアのジュニア育成組織が制作したもの。
日本では止まれは手を下に出しますがあとは同じです。
 
グループライドでは先頭の人が大きな声を出しても後続に聞こえないことも多いです。
 
手信号なら声を出さずとも後続と意思疎通できます。
 
 
コツ
・先頭の人は早めにサインを出す。
 一番後ろまで伝わるのに時間がかかるため。
・二番手以降は先頭のサインを後ろに回すように。
 サインが最後尾まで伝わるように。
・危険な場合は声で
 穴が沢山ある箇所の通過などは片手を離すと危険な場合があるので、その場合は大声で「穴〜!」と伝えればOKです。
 
 
手信号をマスターして安全にグループライドを楽しんで下さいね。
Peaks Coaching Group – Japan
中田尚志
 
 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

#JCM101 Get to know the cycling hand signs and learn your ways on the road! 🇲🇾 Educate your friends too! 🚴🏼‍♂️💨 #CIMBJuniorCyclingDP #CIMBFJCM #PathOfChampions

Junior Cycling Malaysia(@juniorcyclingmy)がシェアした投稿 –