に投稿 コメントを残す

平成を駆け抜けたプロロード選手 市川雅敏

平成を駆け抜けたプロロード選手 市川雅敏

新元号が発表されるのに合わせて今日は平成という時代を駆け抜けた市川雅敏さんのプロ生活を振り返ってみたいと思います。

55669592_1031706263619955_8860480075238211584_n
1987年(昭和62年) バブル経済全盛の当時、日本企業はこぞって海外進出を果たしていた。

そんな時代に日本初のプロロードマンとなった市川さんは、ヨーロッパのプロ社会から見れば”よそ者”

 

市川さんは「自国の選手の椅子をひとつ取った者だったからか、人種差別だったのかは今となっては分からない」と言うが、当時自チームの選手から不当な扱いを受けることもあったという。

 

80年代中盤から急激に進んだプロロード界の国際化。
コロンビア勢の台頭、アメリカ人初のツール制覇などの流れにあって、地元欧州の選手が”外国人”に対して危機感からくる反感を持っていたのもあったのかもしれない。

当時、台頭する日本企業に対して世間では嫌悪感を示す人たちも少なからずおり反日感情を持っていた選手もいたのかもしれない。

 

とにもかくもデビューした市川さんは一年目からリエージュ・バストーニュ・リエージュのメンバーに抜擢され、欧州のクラシックを走った初めての日本人となった。

 

「あれも良くなかったよね。ちょっと目立ちすぎてアイツなんだよ!?ってなっちゃった。」

 

しかし、そこで「逆に燃えた」という市川さんは努力を重ね1989年(平成元年)ついにリヒテンシュタインでプロ初勝利を遂げる。

 

「ベルナール・イノーも勝ったことがあるレースでさ。イノーってレースを選ぶ選手だったから、同じレースで勝てたのは嬉しかったよ!」

 

翌日の新聞にも大きく載り欧州プロの世界で ”日本人ここにあり”ということをアピールしたのであった。

そして1990年栃木県宇都宮で行われた世界選手権。

凱旋帰国になるはずだったそのレースで市川さんを待ち受けていたのは、欧州プロレース界と未成熟だった日本レース界の間で起こるカルチャーショックだった。

 

 

続く

#市川雅敏

写真提供: 市川雅敏氏

—-
バイクショップイベント、社員研修などで市川さんのお話を聞いてみたい方がいらっしゃいましたら、ダイレクトメッセージをお願い致します。

詳細ご説明致します。

Peaks Coaching Group – Japan
中田尚志

に投稿 コメントを残す

[トレーニング] ポジションを見直そう! part2

サドルのポジションは水平を基準に角度と高さ、セットバックを調整していくことを先日書きましたが、今日は角度について少し詳しく。

 

(1) サドルの違い
サドルはメーカーやモデルによって千差万別です。
形状はもちろん、長さ・幅・パッドの厚みも違いますし、前後の硬さも違います。また同じサドルでも製造年やロットによって微妙にパッドの厚みが違ったりもします。

最近試したフィジークのアリアンテは比較的アールが強く、レール近くの前後が固く中央部は柔らかい為にハンモックのようにしなるような作りになっています。

IMG_0587

(2)水平が正しいのか?
サドルはまずは水平を基準にと書きましたが、アリアンテのようにあえてしならせることを前提に作ってあるサドルでは水平にセッティングしても座る位置によって角度は変わります。

 

中央部が凹むようにしなるので、後方に座ると少し前下がり、前方に座ると少し前上がりに感じます。

その為、サドル前後の上端を結ぶ線ではなく、自身が一番座る位置で水平を出してから角度を調節したほうがうまくいきます。

アリアンテの場合は、一番良く座るサドル中央を水平になるようにセッティングしています。

 

またセッティングを開始するスタートポジションは水平ですが、しなり具合や座る位置、骨盤の角度、体の柔軟性などによって最適なサドル角度は変わります。

必ずしも水平でないといけないというルールはありません。

IMG_0606

 

 

(3)ポジションを合わせるパワーゾーン

ポジションを合わせるのにちょうど良いパワーゾーンはテンポ(76-90% of FTP)です。

ここでしっくりくるようにポジションを合わせましょう。

 

テンポを使う理由はこの領域が一番レースやロングライドで使われるポジションであること。またエンデュランスよりも少しパワーを必要としつつリラックスしていないと長時間維持できないため汎用性が高いポジションであるからです。

Powerzoneschart

(4)サドルによる違い

私の場合、アリアンテは中央部で測って水平、サンマルコのSLRだと1.2°前下がりになります。

このように使用するサドルによってもポジションを決める場所は変わって行きます。

 

身長・体重・体格・骨盤の大きさ・・・人によってベストなサドルは異なります。

ご自身に合うサドルに出会い、尚且バッチリとポジションを出すためにご参考頂けると幸いです。

IMG_0607

 

Peaks Coaching Group – Japan

中田尚志

 

セミナーのお知らせ

アベノバ presents 市川雅敏 x Peaks Coaching Group Japan セミナー

いかにして日本初のプロロードマンは誕生したのか?

 

日時: 2018. 11. 17 15:00~

場所: スポーツサイクル プロショップ アベノバ

料金: 7,000円

お申込み: 

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01nb29zvhegp.html

 

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01nb29zvhegp.html

に投稿 コメントを残す

[市川雅敏] 最高のチームの作り方 その2

ギジガーは心理・肉体面両面での選手管理に長けていた。父親のように選手に接し諭したという。

 

春先ホテルには体重計を持ち込み市川さんの体重を測り「マサ、まだ2kgオーバーだな。これはボトル4本を背中に背負っているのと同じだろ?少し落としたほうが良いよ。」とアドバイスした。

 

市川さんはギジガーの指導の元で順調にコンディションを高めていく。ティレーノ・アドリアティコでは数日間山岳賞をキープ、続くロマンディではジロを狙うエース、ダニエル・シュタイガーやロルフ・ヤールマンを好アシストしチーム内での信頼を築き上げていった。

 

一方のカーリン・カールはトレンティーノで良い走りが出来なかった。

 

市川さんの選考レースがロマンディ、カールはトレンティーノであることを既に知っていたチーム関係者にとって、どちらがジロに行くかは明白だった。

“市川雅敏は日本のパイオニア。彼の夢は実現した。

「ロマンディのクイーンステージで強かったマサトシをジロに選考した」チームGMタールマン”

当時の模様を伝える新聞

IMG_7674 (3)

 

かくして市川さんはジロのメンバーに選ばれた。

めでたくメンバーに入ったのは、エース・シュタイガー、実力者・ヤールマン、市川さんが師匠と慕うビターリ、インテルジロを狙うベシャールなど。

 

「ジロではやってやるぞ!」

 

全ての選手にとって不満の無い選考にチームの士気は上がり、皆がギジガーの采配に期待した。

 

「監督のサジ加減一つのベルギーチームと違って選考がクリアなの。監督に選手が電話して足を引っ張り合いすることもねえし、そんな事してもギジガーの考えは変わらないしさ。ロマンディが終わったときには、自分がジロに出ることは分かってたよ。」

 

「このチームに入って本当に良かった。」

クリアな選手選考、選手が慕う監督の人柄、科学的なトレーニングのアプローチ、どれをとっても最高のチームで迎えるジロに市川さんの胸は高鳴った。

IMG_7682

ーー

2回に渡ってご紹介した[市川雅敏] 最高のチームの作り方。 いかがだったでしょうか?

良いチームは綿密な計画の元で作られて行くということが伝わっていたら嬉しいです。

 

よろしければシェアよろしくお願い致します。

#市川雅敏

ーー

Abenova presents 市川雅敏氏 夕食会

市川雅敏さんから学ぶプロレース観戦術

2018/6/30(土) 18:00~2018/6/30(土) 21:00

スポーツサイクル プロショップ アベノバ

 

お申込みはコチラ

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01fxpkzmmx82.html

 

スクリーンショット 2018-06-19 12.00.40