に投稿 コメントを残す

[レース] 市川雅敏 gets PEZ’d!

「日本最初のグランツール完走者 マサトシ・イチカワ」
 

市川雅敏さんのインタビューが

PezCycling News に掲載されました!
 
「私は欧州の環境でやっていけるサムライだった」
 
「スティーブン・ホッジを始め素晴らしい人々の導きなしにはプロにはなれなかった。」
 
「もう一度生まれ変わってもヨーロッパでプロになりたいね」
 
現代の若い選手が読んでも、参考になるような素晴らしい話が沢山あります。
欧州を夢見る選手には是非読んで頂ければと思います。
 
プロへの登竜門「ビスカイヤ」でステージ優勝しリーダージャージを獲得 プロへの道が開く(c) Masatoshi Ichikawa
 
 
日本人が初めてグランツールの出走サインをした瞬間 (c)Haruo Isshi
 
 
 
ドロミテの山岳ステージをこなす  (c)Haruo Isshi
 
 
市川さんの写真を提供いただいた皆様ありがとうございました!
 
Peaks Coaching Group – Japan
中田尚志
—–
本文より
80-90年代。オーストラリア人、イギリス人、アメリカ人は欧州のプロ・プロトンに居たけど日本人は殆ど居なかった。ましてやグランツールには皆無。
そんな時に市川雅敏は現れて1990年のジロ・デ・イタリアをフィニッシュした。
ツール・ド・フランスを初めて完走したのは2009年の別府史之と新城幸也。しかし日本人によるグランツールの完走は30年近くも前に達成されていた。
1990年、市川雅敏はフランク・トーヨーに所属し”バラ色のレース”を50位で完走していた。 彼の話を聞いてみよう:
に投稿 コメントを残す

[Track] スイスチームのコーチ ダニエル・ギジガー

スイスのコーチを務めるのはダニエル・ギジガー。
ファビアン・カンチェラーラの登場より遥か昔、1980年代のグラプリ・ド・ナシオン(TTレース)でベルナール・イノーやグレッグ・レモンといった当時のスーパースターを破り優勝した元祖TTスペシャリストです。
 
(1)Mr.タイムトライアル
Mr.タイムトライアルと称されたギジガーはエアロパーツやスキンスーツを取り入れた最初のプロ選手と言われています。
機材と共にトレーニング方法の研究にも熱心で新しい手法を採用する事で勝利を重ねてきました。
89551687_1552498541540722_1071626879024234496_o
 
 
 
 
 
(2)コーチとして
引退した直後の1990 年、ジロに日本人として初めて参戦した市川雅敏さんのトレーニングプランを考案したのもギジガーでした。
当時まだ珍しかったピリオタイゼーションを用いて調子を上げることに成功したのです。
 
 87482016_1552503084873601_3767135512041619456_o
PC サイクルスポーツ 1990年8月号
 
写真提供: 市川雅敏氏 
写真提供: 市川雅敏氏
 
トラック&ロード競技を志す若者が減り、近年は選手育成に苦労するスイスですが、それでも彼のコーチングによりスイスは4kmチームパーシュートのタイム更新に成功しています。
ヨーロッパで30年に渡り活躍する彼のコーチング方法は私も非常に興味があります。
 
89535482_1552498738207369_4531506593988083712_o
 
一週間トラック世界選の情報を順次投稿していきます!
よろしければシェア & いいね!よろしくお願い致します!!
Peaks Coaching Group Japan
Nakata Takashi