FTPが高ければレースに勝てるのか?


 
写真は先日行われたツール・ド・おきなわ チャンピオン・ロード・レースのデータです。(先日の投稿とは別の選手です)
走行時間: 5:24:30
距離: 201km
TSS: 374tss
Work: 3326kJ
NP: 229W
 
おきなわで最も大きな登りといえば2度登る普久川ダム
 
普久川ダム1回目 18:38 257W
逃げている選手が居たため集団はある程度足を溜めつつ登った1回目はAVGでFTPの90%程度。おおむね有酸素領域で登ったことになります。
 
普久川ダム2回目 17:13 275W
勝負の始まる東海岸に向けてふるいにかけられていきます。
 
この選手は最後までチームの為に牽引する役目を担っていました。
2回目の普久川ダムはFTPの97%でこなし、東海岸に入ります。
 
もしここで彼のFTPが低ければ普久川ダムはFTP以上に達してしまい、東海岸まで足を残すのは難しくなります。
東海岸で勝負 or アシストをするには普久川ダムを集団で登る際にFTPを大幅に超えてしまわないのが条件になります。
 
ではFTPが高ければ後半も足が残り勝てるのか?というとそうでもありません。
 
写真の説明はありません。
 
疲労耐性(Fatigue resistance)
2回めの普久川ダムを超えた時点で既に産生したエネルギーは2127kJ。
普段参戦する120km前後のロードレースに近いエネルギー量です。
 
しかし、おきなわのレースは200km。ここからゴールまでは更に1時間40分, 1200 kJ 140TSSを生み出す必要があります。
東海岸はノコギリ状のアップダウンが続きます。時速20km程度の登り、時速76kmに達する下りが連続し足を削られます。
 
 
ここで勝負 / アシストをするには高い疲労耐性(Fatigue resistance)が必要になります。
 
疲労耐性はFTPとは別の能力で、大きな仕事量をこなした後でも高いパワーが出せる能力です。
この選手は2000kJをこなした後に-10-13%程度出せる疲労耐性はあるために海岸線で集団を牽引。エースの最終アタックに繋げる任務を遂行しました。
 
おきなわではFTPと共に疲労耐性が試されます。
 
[クライアント募集] 新保光起コーチ
 
 
 
新保光起コーチのクライアントを若干名募集します。
選手時代は愛三、ラバネロ、NIPPOなどのチームを渡り歩き、2002 ジャパンカップ7位、全日本実業団優勝、ツール・ド・北海道山岳賞などの好成績を収めました。
 
日本で初めてパワーメーターを使用した選手の一人でもあります(写真)
 
ロードはもちろんMTBなどオフロードにも詳しい新保さんのコーチングにご興味のある方は是非お問い合わせください。
 
https://peakscoachinggroup.jp/product/onlinecoaching/
 
お問い合わせ
takashi■peakscoachinggroup.com
■を@に代えてお送りください。
 
 

暑い日のライドについて記事まとめ


暑い日が続きますが、順調にトレーニングされていますでしょうか?

夏は頑張りすぎると秋に踏めなくなってしまいますし、かといって全然トレーニングしないとこれまた秋のレースシーズンの活躍は見込めません。

過ごし方によって秋以降のパフォーマンスが変わってきますから、注意深くトレーニングを組み立てていく必要があります。

(1)暑い日のライド方法まとめ

過去に書いた記事を下記にまとめましたのでご参照頂ければと思います。

暑いのもあと2−3週間だと思います。上手に乗り切って秋に繋げていきましょう!

暑い日のライドについて トレーニング編
https://peakscoachinggroup.jp/blog/nakata/3047/
暑い日のライドについて レース編
https://peakscoachinggroup.jp/blog/nakata/3050/
暑さをコントロールする
https://peakscoachinggroup.jp/blog/3433/
アイスソックス
https://peakscoachinggroup.jp/blog/1888/

 

(2)クライアント募集

現在Peaks Coaching Group – Japanではコーチングを受けるクライアント様を募集中です。

パワーベースのトレーニングは勿論、身体のケアやトレーニングの進め方、戦術なども指導させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

takashi@peakscoachinggroup.com

 

Peaks Coaching Group-Japan

中田尚志

コーチングについて

 

 

 

東京五輪スペシャル


東京オリンピックマウンテンバイク at 修善寺

 

東京五輪開幕から一年が過ぎようとしています。

夢のようなイベントから一年が経つのかと思うと感慨深いものがあります。実は東京五輪開催が決定した当時、私自身は五輪開催には反対でした。

開催国の莫大な金銭負担に関わらず、開催後の競技力やスポーツ熱が上がった例は少なく、また会場跡地の有効利用もなされない例が多いと聞いていたからです。

それならばグラスルーツの地道な強化に費用を割いたり、観光立国としての投資に使ったほうが良いのではと考えていました。

 

しかし、実際五輪が開催されスポーツが多くの人に勇気を与え、世界がひとつになるのを目の当たりにすると考えが変わりました。

USチームへのインタビューで皆一様に日本の好印象を語ってくれたのも考えが変わった要因です。

日本の魅力を再発見してもらう上で五輪開催は良かったのではないかと思います。

コロナの影響で殆どの選手は試合翌日には帰国便に乗らなければならなかったし、海外から多くの観光客が来れなかったのが残念でしたが。

前置きが長くなりましたが、五輪記念としてフォトグラファー コマツ トシオさんが撮影したMTB XCOの写真をシェアさせて頂きたいと思います。

皆様のSNSでご自由に投稿して頂いて結構です。その際、(c)コマツ トシオ #ピークスジャパン #PCGJapan と記載して頂けると嬉しいです!

コマツ トシオ Tokyo2020 MTB XCO

https://photos.app.goo.gl/cJHBDceSZ3J4osSo6

 

Peaks Coaching Group – Japan

中田尚志