に投稿 コメントを残す

[レース] 1992年 ジロ・デッラ・トスカーナ

昨日、市川雅敏さんのお話を書いたので今日ももう少し。
写真は1992年のジロ・デッラ・トスカーナ。市川さんは6位に入っています。
 
 
優勝 ジョルジオ・フルラン(同年ジロ区間優勝)
2位 レオナルド・シエラ(前年ジロ総合7位)
3位 ジャンニ・ファラジン(同年ジロ総合13位)
 

6位 市川雅敏

 
7位 ロベルト・コンティ(同年ジロ総合9位)

続きを読む [レース] 1992年 ジロ・デッラ・トスカーナ

に投稿 コメントを残す

監督が選手を止めさせる!?

昨日のツール・ド・フランスではエガン・ベルナルがスタートしなかった事が大きな話題になりました。
 
総合トップ10に一人も送り込めていないイネオスにとってベルナルを離脱させるのは難しい判断だったと思います。
しかし、ドフィネで負った怪我の影響を考え若いベルナルには無理をさせないことにしたようです。
 
 
このニュースを聞いた時に市川雅敏さんからお聞きした「良い監督の条件」の話を思い出しました。
 
「良い監督だと選手がリタイアに追い込まれる前に”もう降りなさい”って止めるの。」
 

続きを読む 監督が選手を止めさせる!?

に投稿 コメントを残す

ログリッチ vs パンターニのビアンキ

サイクリング専門のYoutube GCN(グローバル サイクリング ネットワーク)に面白い動画が出ていたのでご紹介します。

 

 

ログリッチとパンターニは異なる時代を代表するプロ選手ですが、共通点は二人共ビアンキに乗っていたことです。

 

 

 

マルコ・パンターニ
1998年ジロ・ツール優勝 
ビアンキPro XL
重量 6.9kg
材質 アルミダブルバテッド
Timeのフォークを除き殆どがアルミ・チタン
ギア 54-44 x 11-23T
タイヤ ビットリア・コルサ22C
メインコンポ カンパニョーロ

 

プリモス・ログリッチ
2019年 ジロ3位 ヴェルタ優勝
ビアンキXR4 
重量 7.0kg
材質 カーボン
ギア 53-39 x 11-30T
タイヤ ビットリア・コルサ26C
メインコンポ シマノ

 

パンターニのバイクが凄く軽量なことが驚きです。
ギア比、タイヤ幅、電動シフトなどは時代の流れを感じますね。

解説でジェレミー・パワーズは「重量は同程度ながらエアロ性能は現在のバイクが高いため同じスピードで走ったらワット数は低くて済む可能性が高い」と語っています。

特に平地では違いが大きいと思います。

 

それぞれの時代を代表する選手が駆ったバイクの競演は興味深いですね!

 

Peaks Coaching Group Japan
中田尚志