に投稿 コメントを残す

SNSで悪意を向けてくる相手にどう向き合うか? クリス・ホーナー

Chris Horner stays near the front and out of trouble on his all-red kit…

 

「何もしてはいけない。反論も反応もしてはいけない。そして僕はバイクに乗る」 クリス・ホーナー
 
下記は昨年クリス・ホーナーに行ったインタビューより。
 
2014年 ディフェンディング・チャンピオンとして迎えたブエルタ・ア・エスパーニャ。
 
「前年度チャンピオン、クリス・ホーナーのコルチゾール値が異常。出走不許可。」
 
このニュースにマスコミは色めき立ち、ホーナーは敵意と好奇の目にさらされた。
 
「やっぱりアイツはドーピングをやっていた」
 
41才でグランツール総合優勝。かつてのランス・アームストロングのチームメート。ヨハン・ブルイネールのチーム所属。 
以前に所属していたソニア・デュバルはチームメートのピエポリ、リッコなどがEPOで永久追放。
 
チームメートの薬物汚染と彼が登りに強いことで何度も嫌疑をかけられてきた(クライマーにとって赤血球増加ホルモンは特に効く)。今度こそ逃すまいとプレスは彼を追いかけ、インターネットは荒れに荒れた。
 
彼はキャリアを通して潔白を主張。「フランセージュ・デジュ時代、チームメートの何を摂って何を摂ってはいけないかの議論に疲れていた。それが欧州から一旦引き上げた理由のひとつだ。ドーピング検出の技術があがるほど僕の成績は上向いた。プロトンがクリーンであればあるほどに勝てるようになった。それが僕がクリーンである証明だ。」
 
「2014年。 イタリアのトンネルでクルマに轢かれた。片方の肺はパンクし複数の骨折。それ以来咳が止まらなくなった。そのため、医師に治療薬を処方してもらっていた。実際このクラッシュが僕のキャリアを終わらせたのだけど。 その年のツールに来たメディアなら知っている。僕がいつも咳をしていたことを」
 
「でもインターネット上は僕に対する批判が吹き荒れ攻撃の対象になった。”コルチゾールこそがあいつの強さの秘密だ!”と。咳の治療薬がコルチゾール値に影響を与えていた。もちろんTUEを申請している。でもネットでは恰好の攻撃対象だ。”アイツはズルをしている!”ってね。
 こういった時、反論や反応をしては餌食になるだけだ。真実を知らない彼らは何を言おうと徹底的に叩いて来る。」
 
 
「あの日、僕はブエルタのスタート地点から6時間のライドに出た。 
この年、勝てないのは分かっていた。でもせめてディフェンディング・チャンピオンとしてゼッケンNO.1をつけてレースに出たかった。それはもう叶わない。
 
全てを知っているチームが僕を守ってくれないのもあまりに腹立たしかった。彼らは翌年、僕と契約しないから守る必要が無かったのだろう。
 
でも美しい国立公園を走っている間に頭は整理された。”もう良いじゃないか。誰が何と言おうと僕はブエルタのディフェンディング・チャンピオンだ。そして今日も大好きなバイクに乗って給料がもらえる。人生は素晴らしい。” 僕は頭を整理したい時いつもバイクに乗った。」
 
 
「大騒ぎのチームバスに戻るとプレスは僕を追い回してきた。でももう大丈夫。”OK! 6時間も待ったなら、あと10分待てるだろう。シャワーを浴びさせてくれ”
 10分後、僕はプレスに向き合った」
 
Peaks Coaching Group Japan
中田尚志
 
(c)Graham Watson
 
 

ーー

現在ピークス・コーチング・グループではクライアント様を募集中です。

パワーベースのコーチングを受けてみたい方はお気軽に takashi★peakscoachinggroup.comまでご連絡下さい。
★を@に代えて送信ください。
 
 
 
堀進也コーチ
理学療法士として病院に勤務するトレーナー。
名古屋地区で怪我のリハビリからパワートレーニングまで広く自転車に携わる
 
山本朋貴コーチ
ITベンチャー企業で激務をこなす中でパワーメーターを駆使して効率的にトレーニングを行い2011-2012年MTB全日本選手権マスタークラスを2連覇
ストラーダバイシクルズ に勤務。ロード、MTB、CXさらにはトライアスロンと、すべての種類のバイクに精通している。
 
 
 
メルマガ登録
下記のURLよりメールマガジンの登録が出来ます。最新のパワートレーニングの情報を発信していきます。是非ご登録下さい。
 
 
 
——
中田尚志
に投稿 コメントを残す

[レース] 4,000万円を捨ててツールにかける クリス・ホーナー

ツール・ド・フランスが近づいてきました。

多くのチームはドフィネ終了時にメンバー選考を行い、ツール・ド・スイス終了後に確定させます。

下記は2013年のブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝者 クリス・ホーナーのインタビューから。

Chris Horner in the 2005 Tour de Suisse (c) Graham Watson

 

「33才。その時点でアメリカ国内のレースは全部勝っていた。自分のキャリアに足りないもの。それはツール・ド・フランスだった。

若い頃フランセージュデジュでドフィーネを走った時の事。最終ステージ前に監督からツール初出場の吉報を受け取った。その日の午後に落車し手首を骨折。ツールは夢と消えた。
その後、マーキュリーで世界ランキング上位に居たにも関わらずASOは我々を招待しなかった。ツールだけが僕のキャリアに欠けていた。」

「34才でアメリカの国内チームから年俸1500万円3年契約のオファーを受けた。でも僕はそれを蹴ってソニア・デュバルと500万円で1年契約することを選んだ。4,000万円を捨ててでもツールに出たかったからだ。」

しかし、ホーナーは春先のレースで落車骨折。ツールの選考から外れてしまいます。
一縷の望みをかけてツール・ド・スイスに出場。 ステージ優勝を遂げ自身初のツール出場を成し遂げます。

「スイスでは毎日監督に”ツールに出たい”とアピールした。でも毎日”ダメだ”と言い続けられた。ステージに勝ったその日も”出たい”と尋ねた。そうしたら、”OK。君をツールに連れて行く”って言われたんだ。」

「ツールでは僕は色々な角度からレースを楽しんだ。逃げにも乗ったし、山岳地帯で変速の音さえ聞こえない歓声の中を走り抜けることだって出来た。」

それから9年後、ホーナーはアメリカ人初のブエルタ総合優勝者となりました。
41才と10ヶ月。未だ破られないグランツール優勝最年長記録樹立でした。

写真はツール・ド・スイスでステージ優勝を遂げたクリス・ホーナー

ーー

現在ピークス・コーチング・グループではクライアント様を募集中です。

パワーベースのコーチングを受けてみたい方はお気軽に takashi★peakscoachinggroup.comまでご連絡下さい。
★を@に代えて送信ください。
 
 
 
堀進也コーチ
理学療法士として病院に勤務するトレーナー。
名古屋地区で怪我のリハビリからパワートレーニングまで広く自転車に携わる
 
山本朋貴コーチ
ITベンチャー企業で激務をこなす中でパワーメーターを駆使して効率的にトレーニングを行い2011-2012年MTB全日本選手権マスタークラスを2連覇
ストラーダバイシクルズ に勤務。ロード、MTB、CXさらにはトライアスロンと、すべての種類のバイクに精通している。
 
 
 
メルマガ登録
下記のURLよりメールマガジンの登録が出来ます。最新のパワートレーニングの情報を発信していきます。是非ご登録下さい。
 
 
 
——
中田尚志
に投稿 コメントを残す

[HC] 明日富士ヒルクライムに参加される皆様へ

 
コーチングしている選手に出した富士ヒルのアドバイスです。ご参考ください。
 
富士ヒルはスタートで標高1,000mを超えており、フィニッシュでは2,300mに達します。
 
高地に居ることを勘案して対策を立てる必要があります。
 
(1)酸素が少ない
低地よりも酸素が少ないのでオーバーペースには要注意。無酸素状態に入ると低地よりも回復に時間がかかります。
 
(2)パワー
酸素が薄い分、低地よりパワーは出ません。
標高に対する影響は個人差がありますが、5-15%程度パワーは落ちます。
 
ですから低地のFTPを維持しようとするべきではないです。
余裕のあるペースで走り出しましょう。
 
標高0m 酸素20%
標高1,000m 酸素18%
標高2,000m 酸素17%
 
 
(3)水分補給
低地よりも空気は乾いています。
水分補給は充分に。不安であればダブルボトルでスタートして、不要なら途中で水を捨てるのも手です。
 
 
(4)紫外線
高地は紫外線が強いです。
日焼け止めはいつもよりもしっかりと塗りましょう。
 
 
(5)睡眠
本番当日に前泊する場合、高地だと眠りにくい場合があります。これは個人差が大きいです。
 
レース数日前から意識して睡眠を多くとっておきましょう。
 
寝溜めは出来ないと言っても睡眠不足が続くよりよほど良いです。
 
ちなみにレース前夜全く眠れなくても問題なし!
レースのパフォーマンスに影響はしません。
気にせず集中しましょう。
 
皆様のご健闘をお祈りしています!
 
Peaks Coaching Group Japan
中田尚志
 
#富士ヒルクライム#富士ヒル
 
参考
 
 
https://joefrieltraining.com/altitude-and-aerobic-performance/