に投稿 コメントを残す

9年間我慢できるか?

写真は2013年。左に写っているのは昨日のジロ・デ・イタリア第4ステージで優勝したジョー・ドンブロウスキーです。
 
コロラド州にパワートレーニングの勉強に行った時に出会いました。(ちょうどUSプロチャレンジというレースの期間中でした。)
彼は2012年にアメリカ人史上初のベビー・ジロ総合優勝者になり将来を期待され異例の3年契約でチームskyに入団。
 
しかし、プロ入り直後にイリアック・アテリー(足の血行障害)になったこともあり思ったほどの活躍は出来ませんでした。
その後もジロでステージ優勝に近いところまでは来たり、総合20位以内にも入ってはいましたが、アマチュア時代の経歴を見ると今ひとつ伸び悩んでいる印象は拭えない選手でした。
 
昨日の優勝は今までの苦労が報われた形です。
2013年のプロ入りからここまで9年間。
我慢に我慢を重ねてのステージ優勝です。マリアローザも充分射程圏内ですし、山に強いのでこの先も楽しみです。
 
どれだけ才能のある選手でも、どれだけ努力できるか。どれだけ我慢できるかが成功の鍵になるかを教えてくれるような走りでした。
 
彼はピークス・コーチング・グループのあるヴァージニア州出身です。ヴァージニア州はロードレースがそれほど盛んな地域では無いですが、本人の努力と良いコーチ、強化システムがあればグランツールでステージ優勝することも可能だということを証明してくれました。
まさに9年間の努力の賜物ですね。
 
 
2013年当時の記事 シクロワイアード様に掲載頂いたものです
 

に投稿 コメントを残す

[Race] 親切にしよう

At the 2008 Cascade Cycling Classic in Bend, Chris Horner of team Astana hauls fallen rider Billy Demong, from another team, two kilometers uphill to the finish of Stage 5. (C) Chris Horner

 

2008年、アメリカのステージレース「カスケード・クラシック」でのひとコマ。

クリス・ホーナー(当時アスタナ)はアシストを終えフィニッシュに向かう登りで、血を流し壊れた自転車を押す少年を発見しました。
不憫に思った彼は少年に「ヘイ!乗っていけよ」と声をかけて、二人乗りでゴールしました。

自転車レースは不思議なスポーツで、勝つにはライバルを蹴落とさなければならないですが、勝負と関係のないところでは助け合う必要があります。
それにレースから離れれば同じ自転車を愛する仲間ですから、困った人が居たら助けるのは当然です。
ついついギスギスしがちなレースの現場ですが、こういった気持ちは忘れないでいたいですね。

先日、クリス・ホーナーをインタビューしました。
近日中に公開予定ですのでお楽しみに!

アメリカは割とコーチや監督が「親切にしなさい。」「助けてあげなさい」と言います。

日本で私の少年時代のコーチ(部活の顧問)は「トラブル(落車)に遭うのは彼が間抜けだからだ」と困っている人を嘲笑し、私も含めて周囲は同調していました。彼は武士に情けは無用とでも教えたかったのでしょう。ですから最初にこの言葉を聞いた時は衝撃的でした。

どちらが人間的に正しいかは言わずもがなですが、レースの緊張が選手にこういった判断力を失わせることは、ままあります。
選手に気合を入れるため、また競争心をあおるためにこういったことを言うコーチも多く見てきました。安全面への意識が低い選手に緊張感をもたせる為に落車した選手をバカにするコーチも居ました。「自分が落車したらあんな目に遭わされる」と教えたかったのでしょう(もっと別の方法があるはずですが)。

若い時にこういった先輩選手に出会っていたら・・・とは今更ながら思いますね。

Peaks Coaching Group Japan
中田尚志

* Peaks Coaching Group Japan では現在クライアント募集中です。
パワートレーニングにご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。
takashi*peakscoachinggroup.com
*を@に代えてご送信下さい。

に投稿 コメントを残す

クリス・ホーナーの”バタフライ・エフェクト” 2021フランドル- ユンボ・ビズマの自滅 

ユンボは沢山の戦術的ミスを犯した。
残り90kmからイスラエル・スタートアップネーション、ロットなどのアタックにアタックに反応する必要はなかった。

フィニッシュの遥か前のロットの動きに反応して、ワウトを孤立させる意味はどこにあるのか?
アシストの1番の役目は出来る限り最終局面までエースをアシストすること。
早々にいなくなってはならない。

まだ70人も集団に残っているのに集団に残っているユンボはワウト一人。彼はすべての仕事を自分でしなければならなくなった。
ユンボはクイックステップの次に実力のあるチームなのにもかかわらず。

 

 

ワウトもルーキー・ミスをした。アスグリーンのアタックに反応した後、前を引いてしまった。
あそこは追いつくだけで良かった。後ろにクイックステップが付いてきているのだから。

それをクイックステップは見逃さない。血の匂いをかぎとったサメのように。

彼らは波状攻撃を仕掛けワウトに反応させることで彼の足を削った。
さらにアスグリーンが畳みかけアラフィリップとともに先頭集団に2人送り込むことに成功。
さらにアスグリーンがアタックを仕掛け、MVDPを引き出した。

ワウトは追走に捕まった後も1kmほど休んで再度単独で追走に出た。それにより表彰台の最後のスポットも失った。

アスグリーンはアラフィリップのために先頭を引かない選択をして足を温存。
これによりクイックステップはさらに有利になった。
彼らは粒が揃っていて戦術に長けている。

最後にアスグリーンはMVDP相手にスプリントで勝利。クイックステップは見事な戦術で勝利をものにした。—


ホーナーのレース分析いかがだったでしょうか?

ホーナーは25年に渡るプロ生活で得た知見と深い洞察力で深くレースを分析してくれます。

PCG-Japanではクリス・ホーナーにインタビューを行いました!近々公開しますのでお楽しみに!

Peaks Coaching Group – Japan

中田尚志