に投稿 コメントを残す

オーダー・インソール

脚のパワーを最初に受け止める場所はインソールです。

この最初のコンタクトポイントはパワー伝達・バランスを取る上で重要です。

自転車の場合はランニングと違い、足裏全体が「接触面」なのでインソール全体でペダリングのパワーを受け止める場所になります。

今回ご紹介するのは大阪江坂にあるアドバンスドフットさんはオーダー・インソールの専門店です。

 

 

13年前から個人的にお付き合いしているのですが、シューズのフィッティングに悩みを抱える方のお役に立てるかと思いご紹介します。

私はシューズを変えた時はいつも作っていただきます。今回もシューズを変えたので作って頂きました。

フルオーダーで製作すると概ね1万円〜1.7万円程度かかるのですが、製作頂いたインソールを入れてシューズを履くとシューズ全体のフィット感が驚くほど良くなります。

予算に制限がある場合は、個人的にはシューズのグレードをひとつ下げてでもインソールを作ったほうが良いのではないかと思うほどです。

ご興味のあるかたは一度訪れてみてはいかがでしょうか?

Peaks Coaching Group – Japan

中田尚志

 

インソールの作り方

・カウンセリング

今回の新しい靴はホンの少し親指の爪が靴の天井に当たるのが気になること。純正のインソールだと踏み込んだ時に僅かに前にズレるのでシューレースをキツく締めなくてはならず、血流が悪くなることでした。

相談の結果、純正のインソール(厚さ4mm弱)よりもホンの少し薄く(3mm)することで爪先のクリアランスを作ること。かかと全体をサポートすることでシューズ全体のフィッティングを向上させることを狙って製作して頂くことになりました。

左が純正、右がオーダーメイド

 

 

・動きのチェック

・足型取り

・製作

・最終調整

・完成!

たった1mm弱ですが、爪はシューズに当たらなくなりした。またホールドが良くなったことでシューレースはキツく締めずに済むようになりました。

お勧めです!

 

アドバンスド・フット

564-0053 ​大阪府吹田市江の木町16-40-1F 

TEL : 06-6385-6051

https://www.advanced-foot.jp/

(一応書いておくと、ステマではなく自費購入の体験談です。またアドバンスドフット様に承諾を得て書いています。)

に投稿 コメントを残す

[CX] 区間タイムから見るトップ選手の戦術

シクロクロスは路面状況が刻々と変わるためにパワーに対してタイムは比例しません。
 
例えば全日本のように一周ごとに泥が深くなっていくような状況だと、かけたパワーは上がっても、ぬかるみに足を取られているためにタイムは落ちていきます。
このような場合はシンプルに区間タイムを測る方が比較がしやすいです。
 
 
動画はトップの二人
 
(1)乗車できる泥区間
 

トップの二人は乗車できる泥の区間で他の選手より2−3秒速い周回が多かったです。
 
 
(2)担ぎのキャンバー区間
 

一方で担ぎのキャンバー区間は後続の選手の方が速いことが多かったです。
 
 
ここから見えることは….
(1)乗車できる泥区間
踏んでいくことで後続とのリードを広げる。もしくは二人の勝負をしている区間
 
(2)担ぎのキャンバー区間
度胸勝負で突っ込んでミスをしてしまいレースを落とすリスクよりも、確実に走って勝負どころに備える区間
 
トップの二人は後続との差を広げるとともに二人での勝負も考えて走っています。
その為、差を広げれる区間では踏んでいく。リスクのある区間は確実にやり過ごす。と走り方をクレバーに使い分けていたことが予想されます。
特に今回の担ぎのキャンバー区間は酷くぬかるんでいて、一度足を滑らすとコース外まで滑って行くリスクがありました。
ここで引き離す or 追い抜くというのはあまり良い作戦ではありません。リスクが高すぎますし、もし抜いたとしてもついて来られる可能性が高いからです。
 
後続の選手はリスク覚悟で追いつかない限りレースで勝ちは見えないので、担ぎのキャンバー区間でも出来るだけ乗って追いかけていたとも言えます。
 
泥区間・舗装路区間・担ぎ区間などに区切って、ストップウォッチ片手に観戦するとより深くレースを楽しむことが出来るのでお勧めです。
 
Peaks Coaching Group Japan
中田尚志
に投稿 コメントを残す

[CX] ピットスタッフの戦い

シクロクロスはロードレースと比較してチームプレーは少なくなります。
空気抵抗が占める割合が少なく、ダートでの個々の走力がモノを言うからです。
しかし完全に個人戦かというとそうではなく、チームスタッフが外から選手を支えます。
 
たった1回のミスでレースを落としかねない1時間の短期決戦では、スタッフとの”チームプレー”が欠かせません。
 
スタッフのチームプレー
・スタート直前まで選手が温かい服を着れるようにサポート
・泥で重くなったバイクをピットで交換
・周回中に代車を洗浄し次の交換に備える
 
CXレースではバイクには信じられないほど多くの泥が付着します。
時に泥は1kg以上の重量増を招き、ドライブトレインは回転のスムーズさを失います。酷い時は手でクランクを回しても回転が重くなっているのがハッキリと分かるぐらいです。
またタイヤを覆う泥はグリップを失わせます。
 
優勝を狙うチームはジェット・ウォッシャーを持っていて、あっという間にバイクから泥を落とし、ピカピカにして次の交換に備えます。
軽く汚れのないバイクを受け取れることは選手に精神的・肉体的なアドバンテージを与えてくれます。
 
Peaks Coaching Group Japan
中田尚志