[トレーニング] GW明けは休養!


GWに沢山乗り込まれた方も多いのではないでしょうか?
今週は重い体にムチを打って出社されている方も多いと思います。

(1)ハードトレーニングは免疫を落とす
GW明けのオフィスには風邪を引いている人も多く、乗り込みを行ったライダーはうつされないように特に気をつける必要があります。
ハードトレーニングは免疫を落とすため風邪がうつりやすいからです。

(2)トレーニングを管理する
写真はPMC(パフォーマンス・マネージメント・チャート)。TSSをベースにトレーニング量を管理できる便利な表です。
CTL: 過去42日のTSSの平均値
ATL: 過去7日間のTSSの平均値
TSB: CTL-ATL=TSB 今日のコンディション

(3)CTLは週あたり+10が限度
トレーニング履歴や年齢によりますが、トレーニングをコントロールするときの目安は週に上げるCTL。
週にプラス10だと要注意。 それが2週間連続だと黄色信号です。
一旦休養を入れて回復させる必要があります。

例: 2週間の間にCTLが50→70tss/dになった。→黄色信号!

(4)ではどれぐらい休めば良いの?
休養の目安はTSBがゼロ以上になるまで。
写真のライダーだと5/13(金)ぐらいまではおとなしくしておく必要があります。

(5)GWの乗り込みを強化につなげる
人間の体は負荷をかけているときではなく、休んでいる時に強くなります。
しっかりと休んでGWの乗り込みを実りあるものにしましょう!

Peaks Coaching Group Japan
中田尚志

市川雅敏 x Peaks Coaching Group – Japan セミナー


市川雅敏さんとオンラインセミナーを開催することになりました!

当日に参加できない方には録画のURLをお送りいたします。奮ってご参加下さい。

日本人初のプロ・ロード選手 市川雅敏氏

1987年、日本人として初めて欧州プロ・ロード・チーム、ヒタチと契約した市川さん。

1993年に現役を引退するまで、ジロ・デ・イタリア総合50位、ティレーノ・アドリアティッコで山岳リーダー、ツール・ド・アルプス総合15位など輝かしい成績を残した。

 

今回は同氏にプロの契約を得るまでをお話し頂く。

インターネットも無い時代にどのように渡欧したのか? どんなトレーニングを積んだのか?どのように欧州のレースで勝てるようになったのか?などヨーロッパのプロの世界が聞ける貴重な機会だ。

 

市川雅敏 x Peaks Coaching Group – Japan セミナー概要

・日時: 4/23(土) PM6:00-8:00(録画あり。延長の可能性あり)

・開催方法 zoomオンライン

・料金 2,000円

・先行割引 お申込み時にプロモコード 「PCG200」 を入力すると先着20名200円引き。

・申し込みURL

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01v23npu78921.html

[動画] 走りを動画で確認する


昨日行われた JBCF 播磨中央公園ロードレース

動画は横山航太選手(シマノレーシング)。
新保光起コーチ( Sprint-スプリント )がコーチしています。

 

 

上は最終週ゴール目がけてのアタック
下は逃げ集団に居るラスト3周
どちらもダンシングで登っています。

上 アタック
アタックはギアをかけて全力を振り絞るダンシング。アウター x ミドルにかかっていて、座ったら最後。ギア負けして失速してしまうぐらいの全力のアタックです。

下 追走
下は先頭からこぼれた沢田時選手(ブリヂストン)を追走しつつ、時折後ろも確認しながら足を使い切らないように走っています。
ギアはインナー x ミドル

アタックと比べて後ろのギア換算で5-6Tは軽いです。
こういった時は体重をペダルに載せて踏むと言うよりも体重移動で登っています。

アタック時とのスピードの差にも注目!
—-
動画で定点観測すると走りの違いが良く分かります。

また何度でも見直して走りを研究することが出来ます。(目の前を通り過ぎる選手のペダリングとギア比を同時に見るのは難しいですが、映像なら簡単です。)

今はスマホで高画質な映像が撮れますし、ローラーなら一人でも簡単です。
オススメです!

Peaks Coaching Group Japan

中田尚志