[Race] 親切にしよう


At the 2008 Cascade Cycling Classic in Bend, Chris Horner of team Astana hauls fallen rider Billy Demong, from another team, two kilometers uphill to the finish of Stage 5. (C) Chris Horner

 

2008年、アメリカのステージレース「カスケード・クラシック」でのひとコマ。

クリス・ホーナー(当時アスタナ)はアシストを終えフィニッシュに向かう登りで、血を流し壊れた自転車を押す少年を発見しました。
不憫に思った彼は少年に「ヘイ!乗っていけよ」と声をかけて、二人乗りでゴールしました。

自転車レースは不思議なスポーツで、勝つにはライバルを蹴落とさなければならないですが、勝負と関係のないところでは助け合う必要があります。
それにレースから離れれば同じ自転車を愛する仲間ですから、困った人が居たら助けるのは当然です。
ついついギスギスしがちなレースの現場ですが、こういった気持ちは忘れないでいたいですね。

先日、クリス・ホーナーをインタビューしました。
近日中に公開予定ですのでお楽しみに!

アメリカは割とコーチや監督が「親切にしなさい。」「助けてあげなさい」と言います。

日本で私の少年時代のコーチ(部活の顧問)は「トラブル(落車)に遭うのは彼が間抜けだからだ」と困っている人を嘲笑し、私も含めて周囲は同調していました。彼は武士に情けは無用とでも教えたかったのでしょう。ですから最初にこの言葉を聞いた時は衝撃的でした。

どちらが人間的に正しいかは言わずもがなですが、レースの緊張が選手にこういった判断力を失わせることは、ままあります。
選手に気合を入れるため、また競争心をあおるためにこういったことを言うコーチも多く見てきました。安全面への意識が低い選手に緊張感をもたせる為に落車した選手をバカにするコーチも居ました。「自分が落車したらあんな目に遭わされる」と教えたかったのでしょう(もっと別の方法があるはずですが)。

若い時にこういった先輩選手に出会っていたら・・・とは今更ながら思いますね。

Peaks Coaching Group Japan
中田尚志

* Peaks Coaching Group Japan では現在クライアント募集中です。
パワートレーニングにご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。
takashi*peakscoachinggroup.com
*を@に代えてご送信下さい。

[Race] バイク・スロウ


昨日のアムステル・ゴールドレースはエキサイティングでしたね!
最後のスプリントは判定に長い時間がかかるぐらいの僅差でした。両者、見事なバイク・スロウでした。

 

 

(1)バイク・スロウとは
バイク・スロウ(Bike throw)とはフィニッシュラインでバイクを前に投げ出すことです。
自転車レースの順位判定は前輪でおこなうので、バイクスロウで順位が変わることもしばしばあります。
ちょうど陸上競技のフィニッシュで胸を突き出すのと同じです。

 

 

(2)バイク・スロウのやり方
ペダルを踏み込む瞬間にハンドルをグッと前に突き出すことで、バイクのスピードが速くなります。
コツは腕を曲げた態勢から思い切ってバイクを前に投げ出すことです。体の下のバイクを一気に前に滑らせて胸をサドルにつける感覚で行います。
フィニッシュライン上でペダルがどの位置にあるかは予測が難しいですが、トップ選手はペダルを踏み込んだ位置でラインを越えます。
固定ギアのトラックでも不思議と合います。

 

(3)練習
フィニッシュラインを決めてスプリントし、ラインを超える瞬間に合わせて投げるようにします。
・ラインを越える瞬間に投げること
・踏み込む瞬間に投げること。
この2つが一致するように繰り返し練習します。
トラックのポイントレースなどに出場して、相手がいる状態で何度も経験すると上達が早いです。
スプリンターはもちろん、クライマーやTTの選手でもこれは行っておいたほうが良いです。
バイクを扱うのが上手くなりますし、いつ2人でフィニッシュラインを争う日が来るか分からないですからね。

 

4日前のブラバンツ・ペイルでも似た光景が…。

Peaks Coaching Group Japan
中田尚志

※Peaks Coaching Group Japanでは現在クライアントを募集しています。オンラインコーチングに興味のある方はお問い合わせ下さい。

問い合わせ先
takashi*peakscoachinggroup.com
*を@に変更お願い致します。

[レース] トニー・マルティン世界選制覇のアプローチ


以前のFBポストを再掲しています。

記事は2016年ドーハで行われた世界選手権開催時のものです。

灼熱のドーハで行われていた世界選手権。男子ITTでは気温が40℃まで上がったそうです。
ファビアン・カンチェラーラに並ぶ4度目の世界選制覇を遂げたトニー・マルティン。
サイクリング・ウィークリーによるレポートです。


トニー・マルティンの世界選対策

(1)暑さ対策
バスルームでローラーに乗り灼熱の気温に適応
「クレージーだと言う人も居たけど、今日のレースよりももっとキツいことをしたよ。」
気温が少しでも下がる事を狙って今回の世界選は史上最も遅い時期に開催されましたが、それでも40℃ですから対策が大きく影響します。
20-25℃で出せるパワーが40℃では出せなくなる。」とスティーブ・カミングス。


(2)エアロポジションの調整
2011-2013世界選を連覇し、その後スランプに陥った。昨年のリッチモンド世界選では自己最悪の7位。リオ五輪では優勝したファビアン・カンチェラーラから318秒遅れ。何かを変えないといけないと思っていた。」

「肘を少し落とし手のひらを上げるポジションから、世界選3連覇当時のポジションに戻した。エアロダイナミクスは少し犠牲になったけど、より快適になった。快適性は大きなファクター。時にはエアロ効果を犠牲にしても優先すべき。」

マーティンは2015のポジションではエアロポジションにより約5-10%パワーを落としていたと感じている。エアロの観点では良かったが、慣れることが出来なかった。元のポジションではよりパワーを出せている。


(3)精神的側面
3
連覇当時のポジションに戻すことで、肉体的に改善されると共に精神的にも3連覇当時の感覚を取り戻し自信になった。


(4)ペーシング
「パワーメーターもスプリットタイムも見なかった。最も重要なことは良いリズムに乗り力強く安定したペースに乗せることだ。」

肉体的・精神的に高い能力が要求されるTTだけに、こういった微調整がレースでは効いてきます。
またTTはエアロポジションによって得る空気抵抗削減効果と失うパワーのせめぎ合いですが、「このポジションなら間違いない」と確信が持てることも大切ですね。

このあたりが  TTは単に平均パワーの最大化ではない。といわれる所以です。


「自分は復活出来ると100%確信している。どんなスポーツマンでも1-2年悪い年があると思う。遅かれ早かれ自分はトップに返り咲けると信じているよ。」

世界選前に発売されたサイクリング・ウィークリーの雑誌版でマルティンはこう語っていたといいます。
世界選の準備を重ねる中で彼は勝てる自信を取り戻していたのかもしれません。

Peaks Coaching Group – Japan

中田尚志

引用元