[Training] レースがない中で進捗を測る


トレーニングをしていく中で「どれぐらい強くなったか?」を定期的に測るのは大切です。
選手なら誰でも毎日頑張ってトレーニングしますが、「強くなったかどうか?」を測るのは意外とやっていないものです。
トレーニングの進捗を測る方法
1.テストをする
5秒, 1分, 5分, 20分など時間を区切りマックスパワーを測る。
上記の4種類はエネルギーの代謝システムが異なるので、それぞれの能力がどれぐらい伸びているかを見るわけです。
2.トレーニングデータから進捗を測る
テストは能力を測るのに簡単確実な方法ですが、そう毎日のように出来るものではありません。
データから能力の向上を推し量るのも良い方法です。
2.のデータから測る方法は複数ありますが、例えばEF(Efficiency Factor)はエアロビック能力を測るのに便利です。
EFは言い換えれば「心拍1回で何ワット出せるか?」です。
算出方法は 平均パワー÷平均心拍数=EF
例:
平均パワー300Wで20分 平均心拍160bpmで走ったとすると…
EF=AVG Power ÷ AVG HR=300W ÷160bpm=1.875W/bpm
それがトレーニングを積んで心肺機能が上がり心臓の1回あたりの拍出量が増えて150bpmで300Wで走れるようになったとします。
そうするとEFは…
EF=300W ÷ 150bpm=2.00W/bpm
1bpmあたり2ワット出せるようになったことなります。
他の言い方をすると同じパワーでも息切れせずに済むようになったと言えます。
2/20のトレーニング 
5/8のトレーニング
写真の選手は2月20日と5月8日に同じトレーニングをしてみてEFの進捗を見ています。
SST 20min SST 20min FTP 15min
Power EF(W/bpm) Power EF Power EF
2/20 289W 1.96 300W 1.98 321W 1.94
5/8 316W 2.12 309W 2.05 341W 2.12
平均パワーも上がっていますが、EFも有意に上昇しています。
EFであれば全開走をしなくても進捗が見れますので、テストほど心理的なプレッシャーを感じること無く測ることが出来ます。
レース再開に向けて準備はしっかりしておきたいですね!