に投稿 コメントを残す

今日のワークアウトは42日後に実を結ぶ CTL

「あなたが今日行うワークアウトは42日後のFTPに影響する」ハンター・アレン

 

Your CTL(Chronic Training load) is based on your last 42 days of training. That means, what you do today will impact your FTP on Feb. 12.

 Hunter Allen  on Dec 27.2018

 

CTLは過去42日間のTSSの積み重ねです。

フィットネスは概ね過去42日間のワークアウトの結果から築かれることからCTLは考案されました。

別の言い方をすると今日行うワークアウトは42日後のあなたを形作ると言えるわけです。

 

1月は行く、2月は逃げる、3月は去ると言われ一年の内でもこの3ヶ月はあっという間に過ぎます。

毎日のワークアウトを大切にそして無事に過ごすことが来シーズンを充実させてくれます。

 

Peaks Coaching Group – Japan 
中田尚志

 

48944723_10216471400831825_846987827311804416_n

 

に投稿 コメントを残す

[サイクルスポーツ1月号] イメージの重要性

パワートレーニングの基本は、ターゲットのパワーゾーンを狙い撃ちしてワークアウトを進めることです。

そうすることで、強化したいエネルギーの供給システムごとに強化が出来るからです。

しかし、トレーニング効果を最大化したければ単にターゲットをフォローするだけでは不十分です。

パワーゾーンごとに「イメージ」を持ってワークアウトを進めるとより効果を高めることが出来ます。

IMG_20181204_0001

このワークアウトを行うときは、例えばツール・ド・フランスの超級山岳をイメージします。

(1)前半 0-7分
前半のVO2Max / SSTは山岳の麓からペースが上下しながら集団が削られていっているイメージです。
その為、VO2Maxでは踏みすぎずSSTではいかにリラックスして回復させるかがポイントになります。

(作るべきはライバルのアタックに対応しながら集団に残るイメージです。集団からこぼれるイメージではありません!)

 

 

(2)中盤 7-14分
中盤のVO2Maxは集団の人数を更に絞るために自身が「踏んで」集団を削るイメージ。

 

 

(3)後半 14-20分
後半のVO2Maxは、いよいよ勝負のアタックに出るイメージです!

繰り返されるペースアップで足には来ていますが、SSTで何とか回復させて、最終的にライバルを振り切るつもりでVO2Maxを行いましょう。
その為、最後の数本はオールアウト覚悟の「本気踏み」です。

tour-de-france-1013225_960_720

このようにイメージをもつことで、よりテンションを高く保ち、実戦に役立つトレーニングを行うことが出来ます。

ワークアウトを眺めて自分なりのイメージを作ってトレーニングするのがお勧めです!

詳しくは発売中のサイクルスポーツ1月号をご覧くださいね。

 

 

 

に投稿 コメントを残す

[レース] TOJ 美濃ステージで大久保選手が4位!

PCG ゲン・コグレがコーチする大久保陣選手(チームブリヂストンサイクリング)がツアー・オブ・ジャパン美濃ステージで4位に入りました。

 

大久保選手はゲン・コグレ コーチがパワーデータを使ってアメリカ ノースカロライナ州からコーチしている選手です。

大久保選手おめでとうございます!

 

リザルトはTOJ公式サイトより

#toj2018

#peaksresults

 

IMG_8720 スクリーンショット 2018-05-24 16.04.14